プロフィール(1)

こだわりを通じて、人と人を、人と物を繋げる
つながりびと『はるさん』です。

ご覧いただきありがとうございます。

毎週火曜日は、自己紹介です。

きょうは、「幼少期」~「中学時代」です。

幼少期

1963年 静岡市で生まれる
1963年6月26日に静岡市で生まれる。
記憶があるころには、名古屋で暮らしていた。

一つ違いの姉がいていつも姉の後をついて回っていてお人形で遊んでいたそうだ。
今でも女性の中でひとりになっても全く居心地が悪くならないのはこのころの影響だろうか?

幼少期で一番古い記憶に残っているのは、父親が乗っていたカブの荷台に乗って喜んでいた事。
きっと、この頃から動くものが好きになって今の仕事へ繋がっていると思う。

幼いころに住んでいた家からは地下鉄が高架を走る姿が見えるところで
周辺の道は未舗装で雨が降るとドロドロになり長靴を履いて西山幼稚園へ
歩いて行くのが妙に楽しかった。
周りには2階建て以上の建物はなく、田畑が残る田舎でした。

年長の時に名古屋の中心部丸の内にある団住宅へ引っ越した。
玄関を入ると家の中に階段があるその当時では珍しいメゾネットタイプだった。
一階は一部屋でそこが姉と僕の子供部屋だった。

引っ越して間もないころ、夜行列車に乗って名古屋から熊本へ母親と姉の三人で
旅行に行ったのだが、後から振り返るとそこは母親の実家だったようだ。(熊本は母の故郷)
いわゆる、『子供を連れて実家に帰らせてもらいます』ってやつ。

そして、その夏突然と姉と私を置いて母親が居なくなった。

小学校時代 1970年~1976年 

当時開校100周年を迎えるという歴史ある小学校へ入学。
児童の3割が越境入学と言うちょっと変わった学校であった。
ランドセルに定期券がぶら下がっていて、バス通学の子がうらやましかった。

小学校1年生の頃は父子家庭だった。
今でも覚えているのは、学校へ持っていく雑巾や運動会で使う玉入れの玉が
まわりのみんなと違って少し悲しかった。でもそれを親父には言えなかった。

しばらくすると、新しいお母さんがやってきた。
姉貴はなんだかあまり嬉しそうでなかったが、僕はとても嬉しかった。
でも甘えたいけど甘えられない感じで、ずーっといい子でいたと思う。

住んでいた公団住宅の同じ階の同級生は女の子ばかりで、低学年の頃は
相変わらず女の子と遊ぶことが多かった。

小さい頃から計算が得意で、祖母の家に行くといつも褒めてくるので、
得意になって勉強を頑張った。
自由自在(参考書)をクリスマスプレゼントに買ってもらうような子だった。

勉強はできたが運動は苦手で、野球部に入るも外野フライがとれなくて、
自分には向いていないと3日で行かなくなる。

目立ちたがりで、4年生からは学級委員長を務めていた。

中学校時代 1976年~1979年 

小学校とは対照的に開校11年目という新し中学校へ入学。
ここでも半数が越境通学と言うこれまた変わった中学校であった。
そのせいか、その時代にはどこにでもいたヤンキーは生息しておらず、
とても穏やかな校風であった。

中学になるとクラブ活動は全員参加でなんとなく軟式テニス部に入った。
運動は苦手だあったがそれなりに楽しく活動をしていた。

2年生になった時の担任がとても理不尽で反抗してクラス全体で
授業ボイコットを主導する。何が理不尽だったのかはもはや覚えていない。
その後、体育の先生になだめられて治めてくれた。

3年生では、なぜかライバル視していた同級生が生徒会会長に立候補すると噂を聞き、
どういうわけか生徒会長にしてはいけないと想いたちその一点だけの理由で立候補した。
そしたら、そいつは副会長に立候補して、結局同じ生徒会を運営することになる。
そのあげく、母親には生徒会長になったことを喜んでもらえるどころか、
それより勉強をがんばりなさいみたいな事を言われて少しへこんだ。

でも、学業にクラブ活動に励んだ3年間であった。
今でも、地元に帰ると必ず会うのは中学の時の同級生だ。

プロフィール(2)へつづく ⇒こちらからどうぞ (近日公開 6/29)

最後までおつきありありがとうございます。

ブログを公式ラインから配信しています。
よかったら、友達追加ください。

友だち追加

プロフィール(1)” に対して7件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です